専門知識よりも風俗業界の女の子をメインにするカメラマンの日常と内容の暴露記事です。

デリヘルなどの風俗カメラマン暴露日記

デリヘル嬢の撮影

デリヘルの撮影で大変なのは風俗嬢だけじゃない

投稿日:2015年7月13日 更新日:

撮影日はわりと体力を消耗します

タイトルの通り、撮影で大変なのはデリヘル嬢だけじゃないんです!カメラマンも。。。

デリヘルの撮影で大変なのは風俗嬢だけじゃない
と、言いたいところですが、これが仕事なんで当たり前です。

それよりも大変だろうなと思うのが、実際に撮った写真を選ぶデリヘル店のオーナーさんもしくは店長さん。

デリヘルの撮影で大変なのは風俗嬢だけじゃない

デリヘル嬢を撮影する流れ

スタジオカメラマンに依頼する場合、デリヘル嬢のとの事前の打ち合わせ(しない人たちもいますが、普通は話が通っています)もちろん、カメラマンとも打ち合わせを行います。

下着は大抵女の子が持参しますが、衣装は風俗店が用意することが多いです。

ここまでは、そんな苦労というほどのものではないでしょう。

では実際に撮影です。

オーナーさん自ら立ち会うデリヘル店もあれば、女の子だけのときもあります。

たまに、カットごとに文句を言ってくる人もいますが、逆にその場を盛り上げてくれる方もいて、とてもスムーズに進むこともあります。

こんなときは本当にありがたいと思います。

仕上がりにも当然ながら影響してきます。もちろん、良い意味で。

どうせ顔を隠すからといっても笑顔がない子は、修正しても映えません。

雰囲気の問題ですかね。。。

撮影は大体3パターンが多いですね。

衣装もバッチリ決めてヘアメイクも入れたりしてだいぶお金がかかっていますから。

そりゃお店のスタッフさんたちも真剣になります。

一人分が200〜300枚以上もある中から良いカットを選別するのもオーナーさん自ら買って出ます。

デリヘル店の収益にダイレクトに掛かってきますから気合いも入ります。

風俗嬢が何人かまとまってきたときは、さすがに終盤でオーナーさんオーバーヒートしてました。(笑

そんなこんなで、女の子の撮影とはいえお店のスタッフさんも大変だったりするんですよ。

女の子への気遣いがしっかり行き届いていてデリヘルだと風俗嬢も働き易いのかなって思いました。

-デリヘル嬢の撮影

Copyright© デリヘルなどの風俗カメラマン暴露日記 , 2017 AllRights Reserved.